女性の選択肢が増えて多様化する働き方

女性の社会進出が当たり前となった昨今、その仕事や雇用形態なども様々になってきました。
正社員なのか、非正規雇用者やアルバイトなのか、自分のライフスタイルに合わせた選び方ができるようになってきました。
しかしながら最近では不景気の影響も根強く正社員になることを望んでいても、派遣社員やアルバイトなどにおさまる女性も増えてきています。

比較的出産や育児などの休暇があり整備されている正社員は、子供がほしい女性にとって安心材料ですが、一方仕事内容としてはアルバイトなどの非正規雇用者とは違い休みも簡単に取れませんし残業なども多く時間的に忙しいものもあります。しかしボーナスなどもあり金銭的には高い魅力があります。
アルバイトの場合、自分の都合などで仕事を辞めたりすることができやすいですが、正社員と同じような働きをして給料は低く抑えられてしまう傾向があります。仕事内容が正社員と同様であっても正社員への昇格もかなわずに、仕方なくそのままでいるケースも多いようです。
アルバイトといってもその種類は多様化しています。
稼ぎたい女性には高収入系のプロダクションといったものありますし、例えば在宅でライターの仕事を時給制でしている人もいます。文章を書くことが得意で継続力のある人にとっては外で働くよりも理想的かもしれません。
時間に融通がきかない子育て中の女性には強い見方ですし、保育園に入園できないでいる我が子の面倒を見るのに在宅で仕事をするということは突然のことにも対応できますから魅力的です。
他にも若者に人気の単発的なアルバイトなど、年齢や性別、そして生き方によって仕事やアルバイトの選び方は変わってきます。
正社員とは違いアルバイトは金銭的に低いこともありますが、それだけ多様な働き方ができる可能性もあります。